ERS Engineering & Risk Sercvice
HOME 会社案内 採用情報 お問合せ

トップページ > エンジニアリングレポート




投資用不動産の価格を構成する第一の要因は収益性であり、不動産の収益性は、立地や経済環境だけでなく、対象不動産のもつ物理的性能によるところも大きいといえます。
エンジニアリングレポート(以下’ER’)は、不動産取引のデュー・デリジェンスにおける物理的調査の報告書です。技術的見地から中立的立場で対象不動産の物理的性能を評価し、収益性に影響を及ぼす様々なリスクを明らかにし、できうるものは定量化するという役割があります。
現在では、不動産証券化取引に限らず相対取引やリファイナンス、M&Aにおける資産評価などERは多岐にわたって活用されています。


■ 標準的な調査内容

・ 建物状況調査/長期修繕更新費用
・ 建物環境リスク評価(PhaseT)
  - アスベストリスク評価
  - PCBリスク評価
・ 地震リスク評価
・ 土壌汚染リスク評価(PhaseT)


■ 調査対象不動産

・ オフィスビル
・ ホテル
・ 共同住宅
・ 商業施設
・ 物流施設
・ 工場
・ ゴルフ場  など


※そのほかに護岸や道路などの土木関係もカバーできます。



イー・アール・エスのERは、

◎ 最新の知見を即時反映させた評価

   社会環境や其規準の変化に伴い、エンジニアリングレポートも進化を続けています。
   「エンジニアリングレポートを取り巻く環境の変遷」についてはこちら




◎ 見やすいチェックリスト式と記述式併用のレポート


◎ 建物、環境、土壌、地震リスクなど各種レポートのトータルサービスが可能



※サンプルレポートも用意しておりますので、ご覧になりたい方は最下段にあるボタンよりお気軽にお問い合わせください。






エンジニアリングレポートに関するサービスに対するお問合せは、エンジニアリング部へ(03-5786-0092)






ER作成に係るガイドライン ER作成者連絡会議