当社が開発した安全性判定手法が東京都庁舎内の帰宅困難者避難所の判定に採用されました。

当社が開発した大地震後の建物の非構造部材・二次部材の安全性判定手法が、東京都庁舎内の帰宅困難者避難所(9カ所)の判定に採用されました。
詳細内容は『(一財)建築保全センター機関誌 Re222号』に掲載されております。

技術に関するお問い合わせはこちら