水害・洪水リスク評価

Dummydummy

多くの実績を持つイー・アール・エスの水害・洪水リスク評価

平成26年8月豪雨や鬼怒川が氾濫した平成29年9月の関東・東北豪雨、西日本一帯に洪水の大きな爪痕を残した平成30年7月豪雨と、近年は毎年のように大きな被害を生む水害が発生しています。また、平成30年の台風21号は、25年ぶりに「非常に強い」勢力で日本に上陸し、関西空港が一時孤立する等の高潮・強風による大きな被害を生みました。 イー・アール・エスは、近年その発生頻度が増加し、被害も激甚化している水害・洪水リスク評価とその対策に力を注ぎ、多くのコンサルタント事例があります。水害を想定した事業継続計画の策定などをお考えの企業様は、是非お問合せください。

Chart

他の事業分野を見る

当社では、自然災害の分野にとどまらず、エンジニアリングの観点に立脚した様々なサービスを提供しています。

技術に関するお問い合わせはこちら